台風の後

24日の午後、やっと雨が止んだからお彼岸のためのお墓参りに行ってこよう、と主人と外に出たら、ええぇっ~~!!

我が家の庭部分だけなのですが

長靴をはかないと車に乗り込めない面白さと辛さ!? r(^ ^;)

長靴を履いたままお墓参りを無事済ませてその日の夜には
かなり水が引いて来ていました。

23日の夜から24日の午前中にかけて、風の影響はあまりありませんでしたが
酷い豪雨で、普通の雨の日にはこれほどにはならないはずの我が家の敷地、
さすがに水捌けが間に合わなかったようです。

    

    

 

    


何十年も前からの事情が重なってこの場所は特に周りより少し低くなっているので、雨が降ると倉庫に入っていかないようにといつも心配していました。            でも木を切ったりして土を掘り返していたお陰なのか、ここ最近は多少の雨なら水分をよく吸い込んでくれていて心配しなくてもよい状態だったのです。
が、しかしこの度の台風による豪雨には勝てませんでした (*´□`*。)
もう夢中でやっていたので写真は撮っていませんでしたが、翌日の午前中にバケツとスポンジを持って倉庫内に入ってきていた水を吸い取って奇麗にしました。
よかったのは、倉庫全体ではなく端部分だけで済んだことです。
この倉庫の床にコンクリートを打つときに、この場所に水が入ってきた時のことを考えて主人と義父が勾配を一番低くしておいた部分にやはり溜まっていました。倉庫内の四隅の一角です。

25日には天気にも恵まれ午前中は倉庫に溜まった水退治、午後からは天気が良いからと越谷の義妹がお墓参りに来てくれまして、また一緒に義父母が眠っているお墓に行ってきました。
光通信にトラブルがあったりもして、主人がいろいろ試して確かめた後にスマホでプロバイダーとのやり取りをやった結果、光モデムの故障の可能性が高いということになり交換になるか!というところまでいきましたが、どこかでNTTが光ケーブルの修理を行なったらしく、その日の夜には普通に電話やインターネットが使えるように戻っていました。
やれやれ、何もすることなく事なきを得てよかったよかった(^ ^;A)

しかし、スマホを持っているとはいえ朝から夜までまるっと約一日、インターネットや電話が使えなくなるというのは、日常生活に多大な影響が及ぶものだと実感しました。

 

かぼす胡椒を作ってみました

主人がひょんなことからカボスを味わってみたいということで
九州の大分県からカボスを2kgだけ取り寄せました。

主人も私もカボスの名前は知っていましたが、一度も味わったことがありませんでしたので、興味がありました。主人はハイボールに我が家産の柚子果汁を使っていますが、この度カボスの果汁にも舌鼓を打っています(^ー^)

カボスは柚子ともレモンともみかんとも違うし、グレープフルーツとも        違います。
初めて味わいました。今回のものは酸っぱいです。が、食べられます。
そして柑橘の柔らかい香りがします。

 それで私は柚子胡椒を時々作っていますので、同じレシピでカボス胡椒も作ってみようと思い、今日挑戦してみました。

 

カボス5~6個の皮を剥いて、



青唐辛子100gと一緒に包丁で軽く刻んで
フードプロセッサーで細かく刻むだけ刻みます。

 

そこに酒を大匙1~2、塩を15g~20gを入れて                再びフードプロセッサーでよく混ぜて出来上がりです。

 

これを熱湯消毒した小瓶に詰めて、3か月ほど熟成させれば、よいはず(^ ^;)

 

味見をしてみましたが、これは辛すぎてわからない!味見どころではない!
というのが正直な気持ちです r(^ ^;)
そして柚子胡椒の時もそうですが、マスク着用必須、ゴム手袋着用必須です!     あと3か月待ってから使います。

次は、柚子が色づいてきたら柚子胡椒を作る予定です(^ー^)

 

 

前回から3か月目、独協病院へ

前回6月にMRI検査を受けて診察をしていただきました。
昨日は検査はなく先生とお話しだけして帰ってきました。
2019年の冬にクモ膜下出血で緊急入院してからもうすぐ3年になります。
後に脳の血管にステントを入れる手術をしていただいたり、造影剤を入れて詳しく血管の様子を診る検査を受けたり、MRI検査は半年に1回くらいの頻度で受けていました。
後遺症である、素早く頭を動かすと平衡感覚が鈍る症状はあるものの
血圧も心配ないし、すこぶる調子は良いのでその旨を伝えてきました。
そのうえで、「MRI検査は来年の夏でいいね」と先生は仰って、順調ですね
とも仰ってくださいました。
薬もまた3か月分、ということでバイアスピリンと胃薬のタケキャブを処方してもらって来ました。欲を言えば私としては、薬はそろそろ卒業したいなぁと感じているところです。
が、それも先生がちゃんとタイミングを見計らって考えてくださると思います。

 

昨日は午後から越谷市にある独協病院に行くので、越谷市に住んでいる主人の妹の所へ午前中に寄って、表札が緩んでいるのを今後はそうならないように主人が部品を付け替え、表札の付け直しをやってから行きました。
病院の予約は2時でしたが、義妹は学童保育の教員をやっているので、12時半には家を出たいとのことで、早目のお昼御飯をごちそうになり、ちょっと休んで12時半には楽勝に義妹の所を出られました。 さて2時の予約時間までどうしようかとも思いましたが、駐車場が混雑すると待たされるのですぐに病院に向かい1時前には到着。
とりあえず受付を済ませて待とうということで1時間待ちを覚悟していたのですが、受付をやってくれた方に「お近くでお待ちくださいね」と言われたので、いつもはそんなこ言われないのになんで?と思って近いところの椅子に腰掛けて待っていました。
そしたら5分も待たないうちに、待合室のモニターに私の受付番号が表示されて診察室にお入りくださいと指示が出ていて、ビックリ!!慌てて主人と一緒に診察室の中へ・・・。
先生には「今日は早く来過ぎてすいません」と謝ってから用意されている椅子に腰掛けましたが、先生からも「私も今日は早く来ましたので」と言って『気にすることはないですよ』というオーラを出してくれているのを感じました。
診察が終わって帰りの車の中で時計を見たらまだ本来の予約時間である2時になっていませんでした(^ー^) ラッキー!ヽ(*´∀`)ノ
大病院の場合、支払いを済ませて帰るのにそこで随分時間が掛かるので、カードで後払いという方法も勧められてそれも利用していることもありますが、こんな大病院でこんな機転を効かせてくれる先生がいてこんなに待たずにこんなに早く帰ることができるなんて、“私はなんて運がいいんだろう”とおおいに自分の運の良さを感じながら主人が運転してくれる車に乗って帰ってきました。

 

その前の日には、夕方涼しかったので砂利の間から出ている草を30分ほど取っていました。そしたら、何か変なものが動いている!と思ってよく見たら小さなアリが、極小さいムカデの死骸を一所懸命に引きずっていたのです。ゲジゲジではないよね、足と体の色がゲジゲジとは違う、やっぱりムカデだ。
こんな小さなアリも、与えられた環境の中で最善の方法で一所懸命に生きているんだなぁ、と慌てて手袋を外し部屋からスマホを持ちだし、写真に撮りました。

  

 

現場と秋のあさづき味噌

今週の月曜日には、久しぶりに私も現場に行きました。
小学校の読み聞かせで時々一緒になる、隣の町内の方の所でした。
車庫兼物置です。 もうかなり古く外壁のトタンが腐食してしまっている部分があり、雨が降るとそこから雨が一部中を通って流れて行くので、それを何とかして欲しい、という依頼でした。
ご主人はトタン張りがしてある内側の床に土手を作って、水が浸入しないようにできませんかね、と案を出しておられました。
もう古いのでいずれ解体したいと考えておられるらしいので主人も同意してそのやり方で行くことにしました。が、
それは早くて簡単でよいのですが、平らな床にそのまま土手を作ってもそう時間を置かないうちに、どんなに新しいモルタルをしっかりやっても、既存の床面と新しい土手の接面部分から、ほんの少量とはいえ水が差すと思われるから、「土手の幅だけ斫って数センチ下げます。」ということで斫る作業も行うことになりました。水が差しても僅かでしょうからその部分を少し低くすれば、差してくる水を床下に差し込ませることができます。
やはり50年近くこの仕事をやっている主人の経験上、お客様も納得されていました。
あまり大げさな工事にならず、手間をかけず、その分お金も掛からずこちらの現場では最適な手段だと私も思いました。

 

床を帯状に斫って接着剤を塗った後

   

   

 

型枠に垂木を置いてビリ砂利という細かい砂利を入れたコンクリートを詰めて

   

   

 

型枠を外して、角に面を引いて仕上げ撫でをやって

   

   

   

 

完了です。

   

 

お客様は「奇麗に出来上がった~」と、とても喜んでくださいました(^ー^)

 


翌日には主人は別の現場に行ってましたが、私は気になっていた秋になって伸びている山あさづきを収穫して、山あさづきで“あさづき味噌”を作ってみました。
これまでは春の山あさづき味噌しか作ったことがありませんでしたが
思い切って秋のものも作ってみました。

 

大きめですがプランターなのに雑草と山あさづきと同じ勢いで伸びているので
まず雑草を抜いてからの収穫ですr(^ ^;)

   

 

刻んですり鉢の中に入れて、半分ほど擦ります

   

   



その中に味噌を適量入れてよく混ぜて

   

 

 

         ヽ(*´∀`)ノ 出来上がりです。

   



春ものでも秋ものでもやっぱり山あさづきは美味しいです。

ご飯が進みました!

 

誕生日のチーズケーキ

息子の誕生日は8月31日なのですが、夜4人でそろうのが28日なら
ということで、昨日チーズケーキを作って冷やしておきました。

   


毎年、誰の誕生日であろうが毎回同じようなチーズケーキですが
今は私の健康のバロメータでもありますので、いいんです(^m^)

   

 

チーズケーキを作った前の日は
簡単な足場で届く範囲ですが、息子たちの建物の外壁のタイルの目地を
高圧洗浄機で洗浄しました。

   

 

高圧洗浄機で水を当てる前に、汚れの酷い目地部分にブラシをかけました。

   

 

   

 

   

 

私も低い部分を少しだけやりました。

水しぶきが顔にかなり飛んでは来ましたが
暑い日でしたので丁度よかったです(^ ^;A)
涼しくなると、その水しぶきが冷たくて早々に止めたくなるかもしれませんから。

そういえば、主人の様子を写真に撮ろうと思って低い位置でスマホを構えたときにブロックを積んであるところに蝉の抜け殻がくっついているのが見えました。
木の枝ではなくて、コンクリートブロックにつかまって羽化したんですね。
床もコンクリートなのに、どこから歩いてここまで来たんでしょう?

それでも抜け殻を見ると、無事に羽化したようすなのでよかったです。

   

 

 

 

イチジクのワイン煮

一昨日の日曜日、越谷に住む義妹が義父母のお墓参りに来てくれました。
来週はこちらから義妹の旦那さんのお墓参りに行ってきます。
義妹はイチジクが大好物で昨年とても喜んでくれたので
今年も用意して待っていました。
さくら咲く会や読み聞かせでも一緒に活動を行っている近所の友人が、                  イチジク農家をやっていまして、我が家の分も合わせて5kgお願いしていました。 少しくらいの傷など気にならないから、と言ったら                  お友達価格にしてくれました(*^▽^*)
義妹は喜んで半分持って帰ってくれました。

 

   義妹に渡した後の残った半分です。

   

 

ワイン煮、といっても我が家はいつも白ワインしか無いので、いつも以前作って凍らせて保存してあるユスラウメのシロップ煮のシロップを入れて「赤ワイン煮風」にしています(^m^)
本当は“白ワイン煮”ですが、気分は“赤ワイン煮”です!(^ー^)v

 

  

 

冷たく冷やして今日のおやつに食べました。
イチジクとワインの風味がとてもよい感じで、薄甘く
冷たくてさっぱりとして、美味しくいただきました。

 

  

  

 

 



お盆休みも終わりです

とうとうツクツクボウシの鳴き声が聞こえ始めました。
ちょっと早い気がしますが。

そのせいか雨が降るたびに秋の気配も感じ始めています。
でも蒸し暑くてなかなか外で活動しにくくもあります。

先日の日曜日には檀家になっているお寺で施餓鬼会があるので
主人と二人で夕方行ってきました。頼んである塔婆を預かってから
義父母のお墓参りをして来ました。主人と二人でこうやって元気に
過ごせていることに感謝しながら線香やお花をあげて
お参りをしてきました。
息子夫婦は仕事の都合で一緒には行けませんでしたが
前もって行ってくれていたのでお墓の掃除も終わって
お花も供えてありました。

  

 

久しぶりに5年前に主人が寺世話人を仰せつかっているときに手掛けた
手桶置き場をゆっくり眺めてきました。

  

それまではスチール製の簡易物置だった手桶置き場が
台風の影響で倒れてしまい戸の開け閉めもままならなくなって
何とかなりませんか、と言われ作ったものです。

アルミの角パイプとポリカーボネートを利用して
今ある状態の中で最善と思われる形に作りました。
当時置かれていた手桶が何とか入るくらいの大きさに作ったつもりでしたが
置き場に入れられなくなっている手桶がいくつかありました!?
多くの皆さんが利用したくなる手桶置き場になっているようです(^m^)

 

帰りには鐘つき堂で一回だけですが、思いっきり鐘をついて
心身共に健やかに過ごせますようにと祈りながら
気持ちをすっきりさせて帰ってきました。

   

 

その日の午前中には、今年になってできた義妹のお墓に行くことができ
施餓鬼会が始まる前に行ってお参りしてきました。

 

翌日にはお墓参りの日に集まれなかった息子夫婦と
一緒に夕ご飯を食べることができ、いろんな話に花が咲いて
気が付いたら夜中の12時を過ぎてしまい、慌てました r(^ ^;)

帰りにはご近所さんからいただいた茄子やかぼちゃと
たくさんもらい過ぎてどうしようか?という状態になったきゅうりを
キュウちゃん漬けにしたものを持って行ってもらいました。
パリパリと歯ごたえがあり味も美味しくできていました。

   

 

ということで我が家の今年のお盆行事が無事に過ぎました。