おじいちゃんは旅支度

15日の日曜日におじいちゃんの49日の法要が無事に終わりました。
あっという間にもうあれから49日が経ったのかと思うほどです。

息子がおじいちゃんの夢を見た、と話してくれました。
機械オンチだったはずのじいちゃんが、なぜだかスマホを持っていたんだ。
それもスッスと使いこなしている。米寿のお祝いのときの俺が撮った写真を
見せてくれたんだ。あれ?俺じいちゃんにこの写真送ってあげてたかな?
ん?? じいちゃん確か9月の末に亡くなったはずだよな。
何でいるんだ?まぁいいや、きっと俺が送ってあげてなくても届く手はずに
なっていたんだな。
もう一つ小学校5年の時、じいちゃんと八海山に登ったときの動画を
見せてくれたんだ。あの時代にはスマホなんて無かったはず!
どうやって撮ったんだ?? まぁいいか。
もう一つ、見たことの無い景色の写真を見せてくれたんだ。
あれはどこだったんろう? 
それとこれから今まで以上に大変なことに取り組まなければならないんだ
という真剣な面持ちだったんだ。
なぜか黒の礼服を着て、落ちないように洒落た鎖を付けた眼鏡をして
キャスターの付いた旅行かばんを持って、これからまた旅に出るという
格好だった。その途中に俺に会いに来てくれたんだなぁ。
そしてじいちゃんが持っていたスマホはすっごく軽くて白っぽい色を
していたなぁ。軽くて持ちやすい良いスマホだったなぁ。(^m^)

話は元に戻って
いろいろ準備やら片づけやらを進めながら仕事の依頼があったりして
先月主人の長岡の友人から、「雪が降ってくる前に何とかお願いしたい」
と連絡がありまして、親友の頼みなので何とか仕事を収めてきました。
友人が所有していた貸家が老朽化して、解体屋さんから解体してもらったのは
良いのだけれど、家の前にあった側溝を壊されてしまって、近所から
クレームが来ていて困っていると言う内容でした。
何しろ外の仕事だし、この季節の日本海側の天候はとかく霙だの霰だのと
空から落ちてくるものにそろそろ白いものが混じって来る頃です。
天気が良いか悪いかで進められるか諦めるかと、とても予定が
組みにくい時期です。
先週長岡のお天気に合わせて3泊で仕上げを残すだけ、と言う形まで進めて
おじいちゃんの49日の法要のために13日の金曜日に埼玉に戻り
14日15日とおじいちゃんの法要のために埼玉にいて、翌日の月曜日16日に
再び長岡に行って残っていた仕上げ作業を終わらせて、昨日埼玉に
戻ってきました。

ビフォー
 

アフター

 あわただしい2週間でしたが、年賀欠礼のはがきを今日出し終わり
やっと少し落ち着きました。
来週には数ヶ月ぶりに、さくら咲く会の小物つくりの集まりに出席する
予定です(^ー^)