カッコウ♪ 

最近、夜になるとかえるの鳴き声が「ゲコゲコ」とよく聞こえています。
意識していないと生活音に紛れて気が付かないでいますが
意識して耳を傾けると、
田んぼじゅうのかえるが鳴いているように聞こえてきます。
今の時期じゃないとこんな風には聞こえません。私はこの声が好きです。


昼間はカッコウの鳴き声がよく聞こえています。
カッコウは托卵で有名な鳥です。
他の鳥が卵を産むとカッコウはその卵の一つをくわえて外に出し
一つだけ自分の卵を産み落とすのだそうです。
っで、カッコウの卵が一番先にヒナになり、そのヒナが他の卵を全部外に
押し出すため、托卵される側の親鳥はカッコウのヒナを自分の子供と信じて
せっせと餌を運び育てるのだそうで。


こういうことだけ知ってしまうと、カッコウはずるがしこくて酷い鳥だ!
と思ってしまいがちですが、これで生態系が上手くいっているのなら
それがベストなんだと思います。
托卵する鳥とされる鳥、される側だって自分の卵を巣から
追い落とされても追い落とされても、毎年毎年この時期になると
ちゃんと存在しているのだから、人間が妙な手を加えさえしなければ
自然界ではこれがちょうどよいのだと思います。


托卵の習性がある鳥は、カッコウだけではないということがわかりました。
カッコウと同じホトトギス科の鳥はほとんどが自分で巣を作らず
他の鳥の巣に卵を産んで育ててもらうのだとか。
托卵する側とされる側の鳥の種類はだいたい決まっているらしいです。


カッコウホトトギスツツドリなどは托卵する側で
ノビタキルリビタキ、モズ、ウグイスなどはされる側。
もっと他にもいろいろ種類はありますが
種類によって相手もほぼ決まっているようです。


・・・・・とにもかくにも
耳によく入ってくる「カッコウカッコウ♪」の鳴き声や
カエルの「ゲ〜コ、ゲ〜コ」の声に
初夏を感じ、風情を感じている今日この頃です。